前へ
次へ

インフルエンザに勝つための努力

毎年冬になると、猛威を振るう風邪、インフルエンザです。
と言いましても、冬にしか存在しないウイルスではないようです。
夏の暑い季節であっても、インフルエンザウイルスは存在しているようです、そのため、昨今では、以前に比べ、初秋あたりから感染者の方も見受けられるようになったと感じます。
まだ、予防接種を受ける時期になってもいないため、皆さん用心しているようです。
ようやく、予防接種の予約も始まる次期になりますと、小さなお子様や、お年寄り、また、持病をお持ちの方や、受験生の方、家族など、医療機関に急いで予約をされる方も増えています。
年によっては、予防接種の数が不足して、2回接種するところを、1回にされたり、優先順位を設けられたり、パニックになる場合もあります。
かといって、予防接種を受けると、100パーセントインフルエンザの予防につながるかというと、そうでもないと耳にしています。
やはり、日ごろからの対策などが一番肝心なのではないかと感じます、手洗いや、うがい、また、マスクの着用なども、その一つかと思われますが、免疫力を高め抵抗力をつけるための生活習慣を心がけることが一番好ましいのではないかと考えます。

Page Top