前へ
次へ

インフルエンザのワクチンの持続

ワクチン接種後、抗体ができるまでは油断禁物で、効果が出るには通常、2週間ほどかかります。
医療機関ならどこでても予防接種を受けられるワケではなく、それこそ12月下旬にならなければ潤沢にならない医療機関もあります。
インフルエンザワクチンの出荷もあらかじめ予測を立てた生産量です。
前年比より少ないシーズンもあります。
通常、予約なしで予防接種に対応しているクリニックでも、残数が厳しくなれば制限をかけたり、予約優先になることさえあります。
入荷の目処が立たない、そうした猛威をふるったシーズンもありました。
ですから、医療機関側は11月中の接種を推奨しています。
効果の持続も気になるもので、約5ヵ月と言われています。
インフルエンザの流行のピークが3月上旬ですから、十分効果は期待できるはずです。
インフルエンザにかかりやすいのは、学校や幼稚園などで集団生活を行う子供からで、そこから家族内で感染伝播が行われますが、疲労困憊となる父親が感染しやすいデータが報告されています。
母親は予防に努めながら看病するのですが、父親のほうが体調管理がおざなりで感染しやすいようです。
日々の健康管理、人込みではマスクを着用、またウィルスは乾燥した環境を好むため、加湿したり水分を多めに摂取しましょう。

Page Top